代表紹介

あさひバランス治療院 
代表 杉田 浩一
柔道整復師
「仕事を続けたいが、今後も同じように動き続けられるか心配」
「大好きなゴルフを、体の不調があるから辞めた」

業界に長い期間携わると、こういった声をよく耳にします。

痛い、辛いが日常になってしまい、半ばあきらめているような方にもお会いしてきました。

また、日ごろ、何に気を付ければよいのか、どういうケアをすればよいのかわからない。
という方もいらっしゃいました。

私は多くの方には、現状より良くなる可能性があると思っています。  


医療機関に長い間勤めてきましたが、
言いたいことが言えない。やりたい施術ができない。そんな環境に歯がゆさを感じ、店を構えることにしました。


ご利用していただく皆様に、安心をお届けできるよう誠意をもってご対応させていただきます。

医療業界に入ることを決めたきっかけ

過去の自分の痛み、悩みを解決していただいた先生方に出会い、
「長く苦しんでいたものを、ちょっと触っただけで解決してくれた。体を治せる人ってすごい!自分もそういう人になりたい!」と思い、医療の道に進むことを決めました。
ただ、よくよく思い返すと、
幼いころにじいちゃんに肩もみをすると、「気持ちいい」「楽になった」と言ってもらえるのがとてもうれしかったこと。

高校生の頃に、部活動の遠征、大会や合宿先では必ず先輩の体のケアを任されたこと。上手だと誉めていただいたこと。

素人ながらに、人の体に何か施して喜んでもらえた。
そんな経験が今の仕事についた原点なのかもしれないです。


高校生の頃に腰痛に悩まされる

高校1年生の冬に腰が痛くなりました。
部活動は陸上競技の短距離走者。
 
練習中、全速力で走ると右の骨盤に針で刺されたような痛みが起こるようになりました。歩くと痛くはないが、走ると痛い。
 
授業中右の腰の違和感がひどく、じっと座っていられない。いつもお尻を右に左に動かして、腰に一定の圧が加わらないようにしていました。

数日で治るかと思っていたが、1か月、2か月・・・3か月。

いくらたっても痛みがなくならない。
良いと聞いた治療院や整骨院を駆け巡ったが、6か月ほど経ってもやはり変わらない。

短距離走者なのに走れない。
2年生になり、すばらしい後輩に恵まれたが、自分は練習に参加できない。

備品整理やスポーツドリンクの準備、毎日補助員ばかりやってました。

若年ながらも、こう痛い状態が続くと精神状態もおかしくなってくるもので、「一生このままなのかな」っていう気持ちにもなり、沈んでいたのを覚えています。

腰痛8か月目に入り、知人から、ここに行ってみたら?と勧められた整体院で自分の人生は変わりました。

数回通った結果、腰痛が無くなったのです。涙がでるくらい、本当にうれしかった。

痛くない体って、なんてすばらしいのだろうと。

社会人2年目にスノーボードでケガ

地元の企業に入職し、様々なスポーツを経験
高校卒業後、医療の道には興味は有ったものの、決断しきれず、地元の企業に入職することになりました。

週末、長期休暇にはよく遊びにでていました。

テニス、ゴルフ、ウェイクボード、様々なスポーツをたしなみ、特に冬時期は毎週のようにスノーボードに行っていいました。


ある日、スノーボードを楽しんでいる際、肩から派手に転んで、腕が上がらなくなってしまったのです。

すぐに治るかなと思いましたが、今回もやはり治らず。。

2か月ほど我慢しましたが観念し、家から近くの接骨院に駆け込みました。

すると、肩をポンッと触っただけで上がらなかった腕が上がるようになり、痛みも嘘のように無くなったのです。

実は、肩が脱臼していたようです。

長く苦しんでいたものを、ちょっと触っただけで解決してくれた。

体を治せる人ってすごい!って改めて感じた瞬間でした。

「バランス療法」との出会い

医療の道に進む決心をし、柔道整復師という資格を取得するため、専門学校に受験、合格し大阪にやってきました。

ある日、専門学校の授業が始まる前、教室に見知らぬおじさんが入ってきて声をかけてきました。

「クリニックでスタッフを募集している。働きに来ないか?」というものでした。

変な勧誘かなとも疑いましたが、いざ知らされた場所に行くと、本当に整形外科があり、ホッとしました。

院長に面接をしていただき、晴れてリハビリ助手として採用していただくことになりました。

数か月勤務したある日、
「自分の入職と入れ替わりで辞めたリハビリの先輩が、自分と話をしてみたい」
ということを、クリニックのスタッフさんから聞き、一緒にお食事に行くことになりました。

その時は、楽しいお話だけで終わりました。

そして数か月後、その先輩から、面白い整体法があるので一度体験に来ないか、と誘われました。
当時、治療技術に飢えていた僕は二つ返事で承諾しました。
足を運んだ先に出会ったのが、今、当院が利用者様に提供させていただいている「バランス療法」でした。

揉むこと、ストレッチすること、温熱療法、電気療法が治療の当たり前の自分には衝撃な出会いでした。

術者が手足を動かしたり、体に優しい圧を加えるだけで体を整えることができる方法でした。また興味深かったのが、体を歪ませることもできると言うのです。

当時、自分はどこにも不調がなかったのですが、しっかり体を歪ませてもらうと、自分の体に大きな変化が現れました。

頭の表面にピンと引っ張られたような違和感が起こり、呼吸はだんだん浅くなってきて息が吸えなくなりました。 さらには視界は狭く暗くなり、色覚がどんどん薄れてモノクロのような世界に見えました。
立ってみると、体は大変重く、軽くふらつくのです。

「これが体が歪んだ状況であり、症状のある方の体だよ」と説明を受けました。

そして、今度は体を整えてもらいます。
すると、さっきまであった頭の違和感は無くなり、呼吸がしやすくなるのです。視野が広がり、景色が明るくとても鮮やかに色を感じることができました。

この、歪んだ状態と、整った状態をその日のうちに経験することで、「バランス療法」に大変興味をもち、習得したいと強く思い学ぶことを始めました。

開業を決断した理由

柔道整復師を取得し、整骨院、整形外科を合わせて10年以上勤務してきました。

ありがたいことに、過去勤めさせていただいた職場はどちらも大変な繁盛院で、地域で1番と呼ばれるような院でした。

1日30~35人は施術させていただいていました。

たくさんの患者さんとご縁いただき、たくさんの症例も見させていただきました。

電気治療、牽引装置を用いた物理療法、マッサージでも当然良くなる方もいらっしゃいますが、そうでない方も当然いらっしゃるわけです。

こういった環境で働くことができたのは大変感謝していましたが、施術したその日だけしか楽にならない。痛みはないが違和感は消えない。など。
思うような結果が出ない症例が増えてくると、自分はもやもやしてくるわけです。

自分は、人の不調を良くしたいが為に医療従事者になったのに、良くできない自分がとても悔しかったです。
そして、日ごろから次のような思いがふつふつ沸くわけです。

まず、組織に属している以上、自分が思っていること、やって欲しい事を自由に伝えることができない。
それをすることで、他のスタッフの言ってることと乖離があると、患者さんを困らせてしまうからです。

次に保険診療を扱う院は、一人にかけられる時間がどうしても短い。

次に、整骨院、クリニックを利用される方は、痛い個所をマッサージをしてほしい傾向が強いこと。
つまり揉まないといけないわけです。

バランス療法は揉む必要は全くありません。
逆に、痛い思いをさせてはいけない療法なのです。

最後に、医療機関はベッドで施術するのがお決まりとなっていること。バランス療法は、床で施術できてこそ最大の効果を与えることができます。
自分の思うような環境、時間が確保できれば、もっと結果を出せるのではないか?
と、考えることが増えました。

症状が取れず、長い期間、週に3日も4日も、習い事のように来院している人を、もっと頻度少なく体の良い環境を提供できないか?

仕事の忙しい方、家事育児でなかなか時間の余裕を作りにくい世代で、週3の通院は大変なのです。

そう思ったら、挑戦したくなりました。

自分の思う環境で、全力で患者さんに向き合いたいと思い開業しました。

ある施術者はこういうのです。
「患者さんのニーズに合わせていろんな治療法ができる人、つまり引き出しを多く持っている人が良い先生」

言いたいこともわかりますが、私は今まで様々な治療法、整体法を聞き、学んできました。

しかしながら、健康に対する理屈に「バランス療法」を超えるものが無かったのです。また、他の治療法と共存する道が無いことも確認できました。


施術するのであれば、心の底から良いと思えるものだけを提供したいのです。

納得していただける方に、当院の施術を続けて受けていただけたらと思っておりますので、無理な勧誘は決して致しません。

ただ、頼っていただける方には、全力でお応えしたいと思っております。
ご予約・お問い合わせ

メニュー

リンク